院長のブログ

第2回 地域で語る多職種連携の会

本日は、『第2回地域で語る多職種連携の会』を当法人主催で開催しました。
近隣の、ケアマネージャー、薬剤師、社会福祉士、訪問看護師、医療事務はじめ企業の方にも参加いただき総勢21人の方に参加いただきました。
まだまだ、第2回目ですが、活発な討論を行いました。
主に、多職種間でいかに地域の患者さんの情報を共有するかという議題でした。
現在は1対1の担当者間での情報伝達が多く、関係者全員が把握するには効率が悪いのが現状です。
それをいかに関係事業所全体で一気に共有するかという方法について詰めていきました。
当院の周りの事業所間で色々な方法について今後試していこうという話になりました。
少しでも早く、密に在宅患者さんの情報を伝達、共有することが、地域包括ケアの根本だと私は考えています。