院長のブログ

千里循環器病セミナーin梅田

本日は「第112回 千里循環器病セミナーin梅田」に座長として出席してきました。

演者は
国立循環器病研究センター 糖尿病脂質代謝内科 医長 槇野 久士先生
先端不整脈探索医学研究部 部長 相庭 武司先生

でした。

心不全合併糖尿病患者に対する話題、ならびに頻脈性不整脈の治療方法などについて、両先生からご講演いただきました。両先生は普段からいろんな研究会や患者さんの紹介などでお世話になっています。

特に、相庭先生は、私が国循のレジデント時代に、直接ご指導いただいた先生です。
やはり、国循の先生のお話は、まだまだ論文や雑誌、ガイドラインにのっていない最先端のお話をしていただくことができ、とてもためになります。