院長のブログ

ドナルドマクドナルドハウスおおさか健都

今日は快晴の下、「ドナルドマクドナルドハウスおおさか健都 開所式」に招待いただき参加してまいりました。

後藤圭二吹田市長、小川久雄国循理事長、マクドナルド社の会長などをはじめ、多くの参加者の元、テープカットが行われました。

国立循環器病研究センターには、主に心臓疾患をお持ちの小児患者さんが、日本全国各地から治療・手術にこられます。

病気と闘う子供さんはもちろんのこと、そのご家族にとっても精神的・身体的にも大きなストレスがかかります。一般的に多くの病院では、看病されるご家族は、患者である子供さんの入院ベッドの横で毎日を過ごされているのが現状です。数日のことであれば、子供と一緒に気を張り詰めて乗り越えることができますが、数週間、数か月になってくると、病気に対する不安も重なり、その精神的、肉体的ご負担はかなりのものと推察します。

その中で、このマクドナルドハウスは、多くのボランティアさんにより運営されており、子供さんと一緒に闘病されているご家族が、少しでも心身の疲れをとり、リフレッシュできる場を提供されています。

私にお手伝いできることは限られていますが、このハウスが、ご家族にとって、少しでも気を休め、リフレッシュできる場となり、笑顔で家族みんなで地元に帰ることができるように心から願っています。