院長のブログ

Total Care Support Seminar 〜糖尿病と循環器疾患〜

糖尿病と循環器疾患、腎不全をテーマにして研究会に出席してきました。

私は、「心房細動合併心不全患者へのアプローチ」という演題にて発表いただいた、国立循環器病研究センター 心臓内科の天木 誠先生の講演の座長をさせていただきました。
弁膜症のひとつである僧帽弁閉鎖不全症の解説ならびに新しい治療法について最新の話題を提供いただきました。

後半は、近畿大学医学部腎臓内科教授の有馬秀二先生のご講演(座長:国立循環器病研究センター 槇野久士先生)でした。糖尿病性腎症の治療についてのご講演でした。今や人工透析をおこなう一番の疾患は糖尿病による腎不全です。いかに、その進行をおさえ、透析への移行を防ぐかという点について勉強させていただきました。