院長のブログ

豊能急性心筋梗塞地域連携クリティカルパス検討会

「豊能急性心筋梗塞地域連携クリティカルパス検討会」に、吹田市医師会会員として出席してきました。

豊能地区で心筋梗塞の治療を行っている病院と、我々地域のかかりつけ医、そして各市保健所のメンバーが話し合いをもつ会議です。

心筋梗塞を発症した方がおおきな病院を退院された後に病態が安定していれば、我々地域のかかりつけ医が、患者さんのその後の定期的な診察、採血検査、心エコー検査などを引き継ぐことになります。

そのためには、入院中の治療経過や合併症などの内容を把握しておく必要があります。病院からかかりつけ医へどのように情報を伝達するのか?また、かかりつけ医はどのような治療方針を立てる必要があるのか?などを話し合いました。