院長のブログ

第25回KMR学術講演会

国立循環器病研究センターの在職者、退職者が主に参加する、KMR学術講演会に参加してきました。
同不整脈科部長の草野研吾先生による、「リードレスペースメーカーの登場」という講演がありました。
本来ペースメーカーは、鎖骨の下にジェネレータという電池を植え込み、つなげたリードを心臓の中にいれこむという手術が必要でしたが、このリードレスペースメーカーは2g弱のシステムを直接心臓内に留置するため、簡略化でき、患者さんの負担も少ないとの話でした。適応症例などまだまだ限定的ではありますが、将来性の見込めるデバイスであることには間違いなさそうです。